資本金について

合同会社設立の決定事項の1つ、
資本金についてご説明します。

資本金とは

資本金とは、社員(出資者)が会社に出すお金のことです。資本金は基本的には返ってこないお金です。資本金は会社の運転資金などに使われます。現在は、資本金の最低金額は1円からとなっておりますので、会社設立の敷居は低くなったといえます。

実際いくらの資本金の会社が多いのか

資本金をいくらに設定するかは一つ皆様が迷われる事項です。資本金は1円からできますが、なかなか1円で設立される方は少ないでしょう。
資本金=会社規模(=信用)を確認するひとつの指標とされているためです。

設立されたばかりの会社には信用はありません。ビジネスは信頼の世界で成立しています。そのため会社に存在する多くの取引先は、設立されたばかりの会社の信用を資本金で判断しています。銀行などの金融機関は、資本金の金額によって銀行口座を作れたり、作れなかったりしますし、融資の金額も変わってきます。そのため、信用という観点では資本金は多いに越したことないのです。

<h3>許認可によって資本金が決まる?

許認可を取得して、事業をしようとお考えのお客様を多くいらっしゃると思います。実はいくつかの許認可に関しては、許認可の取得のために、一定金額以上の資本金を必要条件としている場合があります。そのため、会社設立時点で、皆様が行なおうとしています事業に許認可が必要か否か、そして資本金の額に要件があるかは知っておかねばなりません。

許認可による資本金の例
例えば、建設業や旅行業などの下記事業をご検討されているお客様は、許認可取得にあたり資本金に条件がありますのでご注意ください。

許認可事業 資本金要件
建設業 500万円~2000万円
旅行業 300万円~3000万円
有料職業紹介業 500万円
労働派遣業 1000万円

消費税の免税を受けるためには

実は、資本金の金額によりまして、一定の場合には消費税を支払わなくてよい場合がございます。
それは資本金が1000万円未満の場合です。
資本金が1000万円未満ですと、会社設立2期目まで消費税が免税となります。資本金を1000万以上とした場合は、会社設立初年度から消費税の納税義務が生じます。

Top