設立の流れ

合同会社が設立されるまでの流れについてご説明いたします。

合同会社設立までの流れ

社員(出資者)の決定
・社員(出資者)が合同会社設立に必要となります商号、本店所在地、事業目的などを決定します。

合同会社の代表者の印鑑作成
商号決定後に、合同会社の代表者印を作成します。

社員の印鑑証明書の取得
・社員(出資者)の印鑑証明書を取得してください。

合同会社の定款作成
・会社の内部ルールであります定款を作成します。

資本金の振込み
・社員の名義になっております銀行口座に、社員(出資者)全員が資本金を払い込みます。

法務局へ提出する設立書類作成と設立登記申請
・合同会社設立に必要となります書類を作成します。
・合同会社の本店所在地を管轄する法務局へ登記申請します。

設立登記の完了を確認
・登記の完了を確認後、法務局へ行き、印鑑カードなどを受け取ります。

合同会社設立後の各種届出
・税務署、年金事務所などへ設立等の申請をします。


上記はあくまで一般的な流れとなります。
次に合同会社設立を当事務所にご依頼いただいた場合の、流れについてご説明いたします。

Top