税務署への開業届出について

税務書類の届出というと、
「いやだなぁ」
とか
「まだ設立したばかりで儲かっていないから問題ないだろう」
と思われることが多いと思いますが、それは違います!
 
むしろ、届出をきちんとしないと、
税務署などの調査で追徴金(罰金のようなもの)をとられたり、
銀行などの金融機関も融資をしてくれない

などのデメリットがかなり大きいです。
 
また、届出をきちんとすることで税金が安くなる届出を受けられるなどのメリットもあります。
 
税金の届出についてしっかりと理解し、必要とされる届出書を決められた期限までに提出するようにしましょう!
  

必須の( or 出したほうが良い)届出

・法人設立届出書(必須)
・給与支払事務所等の開設届出書(必須)
・青色申告の承認申請書
・源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書
※法人設立届出書は、税務署・県税事務所・市役所の3箇所に提出する必要がございます。
(東京都23区内の場合は税務署と県税事務所の2箇所のみです)

   

必要に応じて提出する届出書類

税務署に提出

・棚卸資産の評価方法の届出書
・減価償却資産の償却方法の届出書
・消費税簡易課税制度選択届出書
・消費税課税事業者選択届出書
・消費税の新設法人に該当する旨の届出書(資本金が1,000万円以上の会社は必須)
・消費税課税事業者届出書(前々年の課税売上高が1,000万円を超えた会社は必須)

    

以上が、税務署への開業届出です。

関係ないと思わず、むしろメリットを得るためにも、是非決められた期限までに提出するようにしましょう!

とはいえ、ご自身で提出するのはちょっと大変そうですよね?

そこで、わたくしどもは上記のような面倒な提出を代行するサービスも行っております。

メニュー 費用 代行内容
税務書類の提出代行サービス 10,000円 税務署、税事務所、区市役所へ法人設立届等の書類の提出を代行いたします。
社会保険の加入代行サービス 10,000円 社会保険(健康保険・厚生年金保険)への加入を代行いたします。

※税務書類の提出は提携の税理士にて対応いたします。
※社会保険の加入代行は提携の社会保険労務士にて対応いたします。
   

Top