合同会社とは

合同会社について

合同会社とは、有限責任社員をもって組織される持分会社のことを指します。

合同会社の内部関係(例えば、社員の発言力や利益の配分など)については、原則として、
社員(出資者)全員の一致でなければ定款変更、その他会社の在り方を決定できず、各社員(出資者)が自ら会社の業務執行にあたる、
といったことが特徴となります。

合同会社への出資者についても、有限責任しか負いません。

合同会社は他の会社形態と比較して、下記のような特徴があります。

合同会社の特徴

出資者全員が有限責任

合同会社(LLC)の出資者は株式会社の株主と同様に、出資者の責任は出資額の限度である有限責任です。
この点は出資額の限度とは関係なく、会社の発生した損失の責任を全て負うとされる合資会社や合名会社の無限責任とは異なります。

業務上の意思決定や利益配当の自由化

株式会社は株式の所有数応じて、業務の意思決定権や利益の配当がなされるのに対して、合同会社(LLC)においては出資の価格にかかわらず、誰にどれだけの利益配当や意思決定権を与えるかについて、自由に決める事が可能です。
比較的柔軟かつ意思決定のスピーディーな経営を行う事が可能です。

会社の所有と経営の一致

合同会社(LLC)では、原則として「出資者=経営者」となります。
つまり、合同会社(LLC)では原則として各社員(出資者)が業務執行権限を有します(ただし定款で一部の社員のみを業務執行社員と定めることも可能)。
この点、所有と経営の分離を建前とする株式会社とは異なります。

必置の機関が存在しない

株式会社では株主総会と取締役は必ず設置しなければならない機関ですが、合同会社(LLC)には必置の機関が存在しません。
すなわち、合同会社(LLC)では、出資者が自由に機関構成を行うことができます。

Top